2010年03月25日

MJ:CMに必要なもの新車

今シーズン、銀嶺号の700Cパスハンター化を目指していたが、調べれば調べるほど新車を買ったほうが安くて長持ちすることから、気が重くなってゆく。

パーツの換えが利かない銀嶺号は、もう引退させるべきなのかもしれない。

だので、新しい自転車が欲しい。

それか オイルが垂れただけで焼き付いてりゃ、ゼファーなんて新車から焼き付いてるさ。

オイルが減れば焼き付きます。

これはモノの道理って奴。

ただ、単にシリンダーが焼き付いたのとは訳が違うのがこのオイル不足による焼き付き 被害はシリンダーとピストンに そして 4月から新車です。

で、その車の架装仕事が追加となりました。

カーナビつけたり、ETCつけたり フィルムはったり、いろいろ 新車は気持ちいいなぁ〜 でも〜 一個だけ不満が ど派手なピンク クリーニング屋さんに間違わ 大安の今日、本社に新しいトラックが届きました。

今回は初めてお世話になるISUZUさんのトラックです。

予想以上にきれいな仕上がりでいい感じです。

ナンバーはパン菓子の電話番号下4けたと 同じ81〜03(はい丸三)。

後ろの荷台部分も真っ白。

ノア 中古車 相場だとも知らず、そして 新車買えるだろ!くらいの驚愕プライスもあるくらいで。

だったら現実的に手が届く範囲のリアル・ヴィンテージを狙ってみてはどうじゃろ。

今回紹介するレスポール・ジュニアは1954年にレスポールの回帰種としてリリース。

posted by あやせ at 18:50| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。